philosophy私たちの想い

PROPHYLAXIS予 防

「むし歯にならない」ために歯医者さんへ通う。

小学生までは定期的な歯科検診をおこなっているので、むし歯も初期の段階で見つかりやすいもの。でも大人になると、「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」と考えがちです。「できれば、歯医者とは縁がないままで過ごしたい。だから毎日きちんと歯を磨いている」という方も多いでしょう。ところが、どんなにしっかり歯磨きをしているつもりでも、自宅でのセルフケアには限界があることをご存じですか?右のグラフは、歯科医院への通院スタイルと、将来どれだけ歯が残るかという関係を表したもの。グラフで見ると、痛みや不具合がある時だけ歯医者さんに行くという人は、80代になるとほぼすべての歯を失う傾向にあるのです。
生涯にわたって歯を残すためには、「むし歯になってから歯医者に行く」という考え方を、「むし歯にならないために歯医者に通う」という考え方に変えることが大切です。

歯科医院のかかり方と歯の本数

「老いれば歯がなくなる」という考えは日本人特有。

大人の歯の数は、28本(親知らずを含めれば32本)あります。このうち、日本人が80歳になっても残っている歯の平均本数は、たったの8本!多くの人が総入れ歯になってしまっているのが現状です。その状況を、あなたは「歳をとれば、歯はなくなるものだから仕方ない」と思いますか?
グラフをご覧いただければ、決してそうではないことがお分かりいただけるでしょう。
あなたの両親や祖父母が、歯を失って「もっと好きな物を食べたい」「若い頃から歯を大事にすれば良かった」と後悔されているとしたら…。食事を含めて同じような生活スタイルで過ごしているあなたも、両親や祖父母の年齢になった時に、同じ状態で後悔しているかもしれません。
日本人が定期的に歯科医院で検診やクリーニングを受けている割合は、わずか2%。それに対して、“世界一むし歯になる人が少ない”といわれるスウェーデンは90%。歯科検診やクリーニングをごく普通に生活習慣として取り入れているアメリカ・イギリスなどの先進国も、それぞれ高い割合です。これらの国では、80歳になっても平均17~20本の歯が残っているのです。

各国の定期検診とクリーニング受診者の割合

歯が少ないと、からだ全体が不健康になっていく。

「自分の歯がたくさん残っている人ほど、からだ全体にかかる医療費が少なくなる」。そんな驚きのデータがあります。医療費が少しで済む人は、病気になりにくく、病気にかかっても初期段階で治る場合が多いと考えられるでしょう。
たとえば、残っている歯が4本以下の人の場合、年間の医療費は平均50万円かかります。それに対して、20本以上ある人は平均35万円程度。そこには1.5倍もの差があるのです。
入れ歯にすると、天然歯と比べて噛む力が1/5以下、咀しゃく効率(どのくらい効率よく噛み砕けるかの指標)は1/6に落ちてしまいます。歯を失くすと噛む力が弱くなるため、好きな食べ物をしっかり味わう楽しみを失うだけでなく、硬い食べ物を避けるようになり、食生活が偏って栄養不足に陥ることも。さらに、噛む力が弱くなると身体機能も低下しやすく、介護が必要になったり、寝たきりになったりする割合が高まると言われています。

80歳における残存歯数と年間医療費

「予防歯科」を家族や地域みんなの“当たり前”に。

日本の歯科医療は、先進国と比べて明らかに遅れています。それは日本人の意識の主流が「むし歯になるのは仕方がないこと」「むし歯になったら歯医者に行って治す」だったため。しかし今や「むし歯や歯周病にならないために、歯科医院に通う」ことがワールドスタンダードであり、日本人の間でもその考え方が広まり始めました。
インフルエンザや癌など“からだの病気”に対しては、誰もが多かれ少なかれ予防策を講じているでしょう。同じように、歯の病気の予防も日常的におこなっていれば、「早く治療すれば良かった」「失くして初めて歯の大切さを知った」と後悔する人も減っていくはず。
だからこそ、私たちは予防歯科の大切さを、できるだけ多くの方に知っていただきたいと考えます。正しい知識を持ち、生涯にわたって自分の歯を残し、地域のみなさんに健康で楽しい生活を送っていただきたいのです。さあ、今日から私たちと一緒に「予防歯科」を始めましょう。

私たちは、地域の方々が、将来「通っていて本当に良かった」と
思ってくださるような歯科医院を目指しています。
そのために、特に「予防歯科」に力を尽くしてまいります。

予防歯科の治療の流れ

01

カウンセリング

患者さまのご希望など、理想とする健康観をお聞きします。

02

歯周病の検査

お口の中の健康状態を検査します。

03

ブラッシング

ブラッシングのチェックと指導をします。

04

歯石取り

歯石を取ります。

05

歯のクリーニング

バイオフィルムの除去。

06

院長の最終チェック

最終チェックを院長がおこないます。

予防歯科の治療の流れ

年間2~3時間のメンテナンスが、生涯の健康に。

「いわた歯科クリニック」では、お口のメンテナンス(定期検診)の間隔を、おおよそ3カ月と考えています。ただし、むし歯や歯周病リスクの高い方、被せ物の多い方などには、もう少し短期間でのチェック&ケアをおすすめする場合も。
1回あたりのメンテナンス時間は1時間程度です。年間に換算すれば、ほんの2~3時間。その短い時間の積み重ねこそが、あなた自身の「生涯の健康」へとつながっていくことを、ぜひ考えてみてください。

FEATURE特 徴

親身な歯科衛生士が、“予防の主治医”になります。

「いわた歯科クリニック」では、経験豊かで信頼できる歯科衛生士が、あなたのお口の定期メンテナンスをおこないます。 むし歯のチェックや歯周病の検査はもちろん、お口の状態や前回のメンテナンス時の課題といった細かい部分まできちんと把握。患者さんお一人お一人に合った丁寧なケアを心がけています。正しい歯磨き方法の確認や、最適なデンタルグッズのご提案なども、おまかせください。歯科衛生士と定期的にコミュニケーションを深めることで、通院や様々な相談もしやすくなることでしょう。 当院の歯科衛生士は、いわば“予防の主治医”。親身にあなたの歯と健康をしっかりと守るお手伝いをいたしますので、どうぞご安心ください。

あなた専任の歯科衛生士が、“予防の主治医”になります。

からだにやさしい「デジタルレントゲンシステム」を採用。

「いわた歯科クリニック」では、「患者さんのからだにやさしい」ことを重視してデジタルレントゲンシステムを導入しました。これは従来のレントゲンシステムと比べて、撮影時間が非常に短く、さらに照射線量が約1/10とかなり少ないものです。
歯科治療では、歯やその周辺組織の正確な診断のために、どうしてもレントゲン撮影の機会が多くなりがち。だからこそ、患者さんに安心して受診していただける機器を選びました。小さなお子さまの撮影時には、撮影範囲を制限し、照射量を必要最低限まで抑えるようにしています。
また、撮影した画像はデジタル処理をおこなうので、撮ってすぐの診断が可能です。患者さんの待ち時間を大幅に短縮できるうえ、鮮明な画像で分かりやすくご説明することができます。
もちろん定期検診にも、このレントゲンが活躍。むし歯や歯周病をしっかり予防するために、年に一回はレントゲンを撮って、きちんとお口の状態をチェックいたします。

デジタルレントゲンシステム
ページトップ
いわた歯科クリニック

いわた歯科クリニック
〒910-0138 福井県福井市東森田4-725
TEL 0776-56-4418 FAX 0776-56-4424

月~金
9:00-13:00 / 14:30-18:30
土曜日
9:30-13:00 / 14:00-17:00
休診日
水曜、日曜、祝日

※最終受付は診療終了の30分前まで

しろっく君ブログ